プロポリスでのどの調子を改善

空気が乾燥してのどの調子が悪くなったり、薬を飲むほどではないけど症状を改善したい方にうってつけのプロポリス。プロポリスがのどの調子を改善するメカニズムやメリットについて解説します。

のどの調子が悪くなる原因

のどの調子が悪くなる原因として、主にのどに炎症が起こっていることが考えられます。
炎症が起こる原因として、風邪が長引いている・職業柄会話する機会が非常に多い・飲酒や喫煙・季節の変わり目による空気の乾燥など、のどに負担がかかってしまうことが挙げられます。

プロポリスがのどの調子を改善するメカニズム

そこで、プロポリスが非常に効果を発揮します。プロポリスは巣内の雑菌繁殖を防ぐために蜂がユーカリやポプラなど、抗菌効果・抗炎症作用・免疫力を高める成分(主にフラボノイドや桂皮酸誘導体)を多く含む植物や樹木の樹脂に蜂の唾液の酵素が混ざってできた希少な天然の物質です。

有用成分のフラボノイドについて

フラボノイドは植物の色素成分でポリフェノールの一種です。植物自身が紫外線や害虫から身を守るための抗菌、殺菌、抗酸化作用のある物質として産生されます。
プロポリスに含まれるフラボノイドには、抗菌、殺菌、抗酸化作用のほか、抗炎症、鎮痛、免疫機能向上、抗ストレス、アンチエイジング効果などが認められています

原因別によるプロポリスの効果

前述の原因にあるように、のどの調子が悪いときは、主にのどに炎症が起こっている・乾燥している状態が考えられます。以下に、それぞれの原因別にプロポリスがどのようにして調子を改善するのかを挙げていきます。

風邪が長引いているとき

プロポリスの免疫力向上効果により体内の免疫力を向上させ、原因となるウイルスを体内から排除します。また、風邪は多くの原因が鼻からのどまでの気道(上気道といいます)の炎症によるものであるため、プロポリスの抗炎症作用が効果的にはたらきかけます。

職業柄会話することが非常に多い

会話することで口内やのどが渇き、のどの粘膜がダメージを受けやすくなります。そこにウイルスが侵入することで炎症が起こるため、プロポリスの抗菌効果・抗炎症作用が炎症を鎮めます。

飲酒や喫煙

飲酒によって尿の排出が多くなります。体が脱水気味になってのどが乾燥します。のどが乾燥することでのどの粘膜が傷ついていきます。また、喫煙によってのどが煙でいぶされるため、のどの粘膜が傷つけられます。そこでプロポリスの抗炎症作用が効果的です。

季節の変わり目による乾燥

冬に近づくにつれて空気が乾燥し、のどの粘膜も乾燥しやすくなります。ウィルスは乾燥した空気を好むため、空気中のウィルスを吸い込みやすい状態のときにのどの粘膜が渇いていると炎症が起こりやすくなります。また、気温の変化によって免疫力が下がるため、体内にウィルスが入って風邪の原因となります。このようなときにプロポリスの抗菌効果・抗炎症作用、免疫力向上効果が発揮します。

プロポリスの使い方

のどの調子を改善するために非常に有用なプロポリスですが、使い方は様々です。
市販されているもので、原液タイプ・タブレット(粒)タイプ・のど飴などがあります。
原液タイプは、コップ一杯の水に数滴原液を落としてうがい薬として使います。また、ジュースなどと一緒に飲むこともできます。特にのどが乾燥して痛みがある方はうがいがおすすめです。
タブレットタイプはそのまま水と一緒に飲み込むので、プロポリスの味が苦手な方でも取り入れやすいです。
のど飴は外出先でも簡単に使えるので、日常的なケアとして使うことができます。

ぜひ、プロポリスを日常に取り入れて快適なのどの状態を保ちたいですね。