プロポリスは独特のにおいや味がする?

健康意識の高い方には定番アイテムとなりつつあるプロポリス。健康のためにいざプロポリスを始めよう!と思っている方向けに、プロポリスのにおいや味わいについて解説します。

プロポリスはどのようなにおいか

プロポリスは独特の刺激臭と樹液のほんのり甘い香りが混ざったようなにおいがします。これは、プロポリスの主な原料がミツバチによって集められた樹木の樹脂やハーブの新芽などの植物由来のものと、ミツバチの分泌物であるからです。
プロポリスの品質を見極めるにはこのにおいが非常に大事で、良質なプロポリスは独特のにおいのなかにも樹木や樹脂の香りが感じられます。粗悪なプロポリスは刺激臭しか感じられません。

プロポリスはどんな味か

プロポリス原液を口に入れてみると、ツンとくる刺激臭や苦み、ヤニの臭い、喉にはピリピリとした刺激がします。お世辞にも美味しいもの、とは言えません。
しかしこのピリピリとした刺激は悪いものではなく、プロポリス中に含まれるユーカリやアレクリンといった植物の成分“フラボノイド”によるものです。
初めはその味わいにびっくりしてしまう方も多くいらっしゃいますが、慣れてくると樹木の甘い香りや甘みを感じられるようになるそうです。

プロポリスの上手な選び方

ハチミツが花の種類によって味や香りに違いがあるように、プロポリスも棲む環境によって中身に違いがあります。
プロポリスは本来、ミツバチが外敵や劣悪な環境から巣を守るために作り出すものです。ミツバチにとって過酷な環境であるほど、丈夫で衛生的な環境を保つために品質の良いプロポリスをつくります。

最高品質のプロポリス

ミツバチの棲む環境によって品質に差が出てくるなかで、最高品質とされているのが南アメリカのミナス高原産のものです。ミナス高原では、前述のユーカリやアレクリンなどの植物が多く生えています。そのため生成されるプロポリスがより品質の高いものになります。

プロポリスをどう取り入れるか

魅力的な健康効果をもつプロポリスですが、やはりにおいや味わいが苦手でなかなか手が出にくい方もいらっしゃると思います。
プロポリスの取り入れ方には、以下のようなものがあります。

タブレットタイプのものを選ぶ

プロポリスがタブレットになったものが市販されています。プロポリス特有のにおいや味が苦手な方でも飲みやすいようになっています。

飲み物や食べ物に混ぜる

プロポリス原液は牛乳などの味が濃いものに混ぜて飲むとにおいや味が気にならなくなります。プロポリスを水で薄めて飲む方法もありますが、コップにプロポリスが付着してしまいます。プロポリスは脂溶性のため、油分の多いものに溶けやすいです。そのため、飲み物では牛乳に混ぜて飲むのがおすすめです。
また、ヨーグルトやハチミツと一緒に混ぜても美味しく取ることができます。

特有のにおいや味わいがあるプロポリスですが、上手に取り入れて健康生活に役立てていきたいですね。