アメリカのプロポリス需要

アメリカの健康意識

アメリカは世界の中でも、可処分所得のうち健康関連の支出が多く健康意識がとても高い国です。また、トップクラスの健康食品大国でもあります。
その中でも根強く人気であり、需要が高いのがプロポリスです。数多くある健康食品のなかでも、なぜプロポリスが人気なのでしょうか。ここではアメリカのプロポリス需要について解説します。

アメリカは医療費が高い

まず、アメリカは日本のように義務である国民皆保険制度ではなく、個人で民間の健康保険に加入しなくてはなりません。この保険が非常に高額で、そのため多くの人々が健康保険に加入していません。保険に高額な費用を支払う代わりに、自分で病気にならないようにするための自衛策として健康商品を利用しています。

国を挙げて代替医療を積極的に取り組んでいる

医療費が高額になるため、アメリカでは積極的に「代替医療」(だいたいいりょう:現代西洋医学に代わる“自然医療の総称”。漢方などの東洋医学・ハーブ・ヨガ・アロマテラピーなど)に取り組んでいます。
市販されている健康食品に対しても政府が薬効や学術データを公表し、メーカーに対する指導を行っています。その中でも特に薬効が高いプロポリスが注目されています。

アメリカ先住民の知恵

アメリカにおけるプロポリスの歴史は、先住民の“シャイアン族”から始まりました。彼らはハチミツを貴重な栄養資源として食糧にしていました。シャイアン族に伝わる伝説に「はじめの人間は野生の蜜と果実を食べて、飢えを知らなかった」と伝えられています。このことから、アメリカでは蜂は古くから根付いたものなのです。

プロポリスを作り出す蜂が多く生息している

プロポリスを作り出すことができるのが「セイヨウミツバチ」のみですが、アメリカにはこの蜂が多く生息しており、良質なプロポリスを採取できます。また、プロポリスの品質においても世界第2位の評価を得ています。

商品のバリエーションが多い

プロポリスの効果は抗炎症・抗菌作用・殺菌作用・アンチエイジング・抗ガン作用など幅広い効果があります。そのため、アメリカで販売されているプロポリス製品のバリエーションは非常に豊富です。原液のプロポリスはもちろん、サプリメント、スプレー、化粧品、歯磨き粉など多くの日用品にプロポリスを配合したものが販売されています。


以上のことから、アメリカでは古くから親しまれている天然成分のプロポリスは需要が高く、健康意識の高さからも今後の需要が高まっています。